婚活初心者のためのページ【コンカチ】
結婚サービス

結婚活動支援に政府や企業も動き出しています

日本は少子化により、2055年までに人口が3割減少すると予測されています。少子化となった背景には晩婚化や非婚者の増加があるとして、婚活支援に乗り出したのです。また、全国の約5割の地方自治体は政府よりも早く婚活支援事業に取り組んでいます。
政府が行う少子化対策プロジェクトチームの会合で「恋愛・結婚」について話し合われ、晩婚化・非婚化の原因として非正規雇用者の増加などによる経済面の不安定などのほか、コミュニケーション能力の低下・出会いの場の減少が原因とされました。
「婚活よりもその先の子育てを支援してもらいたい」「結婚は個人の自由」などの反対論もありますが、少子化対策の一環として婚活支援にも力を入れている地方自治体は多くなっています。

地方自治体の婚活支援

地方自治体の晩婚・非婚の対策として、出会いの場を提供する取り組みがなされています。自治体が開催する婚活イベントにインターネットなどによって参加者を募っています。

その地域によって、さまざまなイベントが企画され、婚活料理教室のイベントや、コミュニケーション能力向上のためのセミナー、出会いや結婚に関する相談会などが開催されています。地方自治体の婚活イベントには企業の支援もあり、場所の提供などを行っています。

地方自治体が提供する婚活サービスのメリット

各都道府県や各市区町村で婚活支援が行われていますが、婚活サービス企業に比べて費用がかからないというメリットがあります。また、参加者の多くが安心して参加できたと言います。地方自治体が行っているということで信用も高いようです。

地方自治体が行っている婚活サービスは、その地域に在住・在勤していなければ利用できません。そのため、同じ地域の共通の話題があり、交際するにも距離が近く、済み慣れた土地を離れる必要がないというメリットもあります。

地元の自治体のサービスを利用しよう!

自治体の婚活サービスにも参加要件があります。その地域によって異なりますが、結婚を真剣に考えていて、その地域に住んでいることが前提ですが、年齢の制限がある場合や、独身であることを証明する独身証明書を提出する場合もあります。

地元自治体のサービスは市区町村や都道府県のホームページで調べられます。

独身証明書とは?

独身証明書とは、結婚情報サービスや結婚相談所に提出するための書類で、「結婚情報サービス・結婚相談業者用提出書」とも呼ばれています(外国の国籍の人と結婚する際に必要な独身証明書は「婚姻要件具備証明書」と言って、別なものです)。

独身証明書とは、本籍地の役所で発行してもらえます。手続の方法や発行手数料は各役所によって違いますので、ホームページや電話で確認してください。また、現住所と本籍地が異なる場合や、仕事の都合で役所へ直接行くのが困難な場合には、郵送でも取得できます。

  • <婚活ブーム到来!>ブームの背景・地方自治体のサービスなど
  • <婚カツ基礎知識>方法・何歳から?・トラブルや防止法など
  • <活用したい出会いの場>結婚相談所・婚活サイト・パーティ・見合いなど
  • <自分を磨こう!>ダイエット・お洒落・料理など
  • <婚活コラム>男性のマリッジブルー・再婚・結婚準備など